介護職で円満に退職する為の職員との関わりについて

介護職の現場は常に人手が不足していると言われています。退職する人が出ると、必ず残る人にしわ寄せが来てしまいます。一人抜けるだけなら、と軽く考えがちですが、一人減ると夜勤の回数が何回増えるか考えればすぐにその大変さはわかります。
そういう状態にならず、円満に退職するためには、退職の意思が固まって、次の職場を見つけることができた、と言う状態になったらなるべく早く周りの人にその旨を告げて、補充人員の手配をしてもらうことが大切です。介護職に着いている人たちは少しでも良い環境や条件で働くため、転職が珍しくはありません。

そのため、違う職場に変わっても、元の同僚が後から入ってきたり、以前やめた人と同じ職場になったりする事も容易に考えられます。そういった時に、顔を合わせるのをためらうような退職の仕方をしていると、とても仕事がしづらくなります。そうならないためにも、どんな職場であっても円満に退職して、笑顔でお別れしておくことが自分のためです。
同じ所に長く務めている人が多い職場はそれだけ雇用条件が良かったり、働く環境が整っているという事です。出来れば、そういう職場で長く勤めたいものですが、介護職を取り巻く現状からなかなかそんな職場はないのも現実です。