介護の職場を円満に退職したいと思っているあなたへ

介護の職場って、他の業種と比べ特に円満に退職するのが大変そうな気がしますよね。それって、忙しいであるとか、女性職員が多く、どうしても陰口があるとか、やめた分負担が他の職員にまわり、冷たくされそうとかそういったある種の恐怖とも言えるイメージがありますよね。特に優しいタイプは注意かも。

でも、円満退職を求めタイミングを見計らい、やめることを伝えよう。と思っていると半年、1年と時間が過ぎてしまったりすることもありえますよね。なので、「できれば円満退職になればいいな」という意識で、「必ず辞める、辞めるのは確定」を強く自分に言い聞かせ、さいあくの場合は、円満と言えない退職も受け入れるつもりでいるべきです。

そもそも、引き止めといったケースになる場合は、人手不足に対しての改善がされていないだけなので、その理由で転職し、新しい環境で仕事ができないのは理不尽とも言えます。ですので「できれば円満に退職」程度に考えておくべきです。

実際に円満に退職する方法としては、基本的な、ある程度前もって言う(例 3ヶ月前)、他の仲間の職員にやめることを伝え、お礼を伝える。引継ぎをきちんとする。といった部分を押さえておくと十分だと思います。完璧にしたいのであれば、辞める日に菓子折りを渡すと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です